ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

花田裕之Birthday 新宿ロフト編

七夕の昨日(実は灘友の50の誕生日らしい)、花田生誕50周年イベントのトリを見に行ってきた。
「The Roostersはあっても、The Roosterzは絶対ないでしょう~」、情報を知ったときは一瞬目を疑った。
本当に絶対がないことを教えてくれた今回のイベント。
知らない人には“S”と“Z”の違いでしかないが、知ってる人にはまったく違うこのバンド。
Queenでフレディ・マーキュリーかポール・ロジャースかぐらい違う。
購入時の整理番号が「5」とかで正直不安だったのだが・・・

蓋を開けてみればSold Outということもあり、新宿Loftは開始寸前には蟻の這い出る隙間も無い観客で埋まる。
喫煙スペースで菊を見かけるが、出演はなかった。

トップバッターはジプシーズ。
彼らを見るのはかなり久しぶり。
最初、何となく池畑のドラムがつんのめり気味に聴こえ、あまり調子よくないように感じたが、後半に従いその違和感もなくなる。
この後に控えているからだろうか、3枚目でカバーしている「Crazy Romance」以外のRooster(Z)曲はやらなかった。

しかし天井が低いとかミキサーのバランスのせいもあるかもしれないが、Loftの音は良くない。視界性も悪く、個人的には聖地としての意味以外を見出せないので、正直あまり好きなハコではない。

2番手はリズム隊だけ残し、プライベーツの延原と手塚のセッション。
花田は前回のように出ずっぱりではなく、今回は小休止もあったということ。
Rooster(S)の個人的に愛着ありそうなノリの良い曲を中心に忠実にカバーしていた。

休憩を挟んで、いよいよ目玉の中期型(Z)の登場。
自分にとってはおよそ25年ぶりに生で見る4人のシルエット。単純に灘友と柞山の元気な姿を見れたことだけでとてもうれしかった。演奏してくれたことがうれしかった。
ただ演奏自体は・・・
音響の悪さに加え、常時演奏していないのを加味すると仕方ない事ではあるのだが、やはり演奏力は他と比べて落ちる。音の出し方も80's時代を再現していたため、懐メロ的な気分を拭えない。
自分自身の体力的な消耗も加わり、何となく気分的に中途半端な盛り上がり・・・

この時点で既に2時間半、寝不足による体力低下と他も含めて6時間以上立っていた足は、すでに限界になり始めていた。
当然帰るわけには行かないのだが、この時点ではもう十分な気分になっていた。

しかし、そのすべてを吹き飛ばしてくれたのは、次の最終型(Z)だった。
「Gun Control」で4人の演奏が始まった瞬間に何かが吹き飛び、今日初めてアドレナリンが噴出し始めた。
MZAへ行かなかった自分にとっては1988年7月22日の渋公以来の再会。
タイトでシャープなキレのある三原のドラム、腹の奥を踊らせるような重厚感のある穴井のベース、そこに2人のギターが絡み合う。
久しぶりどころか、まるでずーっとこのメンバーでやっていたかのような素晴らしいバンド・アンサンブルを聴くことが出来る。
各人のブログを見ると、それ程リハーサルをやったようには思えないのだが、気合だけやテクニックだけでは語れない何かを感じる。
「これならもう一度、このメンツで何かやっても良いんじゃない?」ふっとつぶやきが漏れてしまった。

アンコール1発目はビッグ・サプライズ!大江慎也登場。
Liquidや小倉じゃなく、ここで出てくるか?
前日Blogで自身が書いていたみたいだが、個人的にはサプライズになり良かった。
「カレドニア」をやったのと、リズム隊が池畑&柞山ということに意外性があった。
「恋をしょうよ」の計2曲で早々と退場。

2発目は再度登場の最終型(Z)。
何気にこの日1番嬉しかったのはこのメンツの演奏による「Searchin'」。
中期型(Z)以降では「再現できないJ・P」と並ぶ一番好きな曲。
完全なる自分の中でのサプライズ!
この曲自体をライブで聴くのは初めてで、やることなどまったく期待していなかった上に、最終型(Z)での演奏だったのでとても嬉しいサプライズとなった。

最後のアンコールは安藤抜きの初期型(Z)での「Good Dreams」。
大江から花田への50周年の祝福のコメントをステージ上から聞けたのは――客の前でそういうこと言える事に、話の中身とかそんなことはまったく関係なく、とっても感慨深いものを感じた。

最初はあまり乗れない自分がいたのだが、最終的にはとても充実したライブだった。


しかし、合計3時間半超!
2日連続早朝起床に加え、立ちっぱなし、その翌日も早朝起床予定の自分には本当に厳しい体への酷使だった。

この写真は必見でしょう!
灘友氏Blogより(井上富雄を除いた歴代全ルースターズ・メンバー+2の集合写真)

当日までの様子、三原氏Blog

セットリストはこのような感じだったようです。(全36曲!!)

The Roosterz「再現できないジグソウ・パズル」
これ生で見てたんだよな~

[PR]
by ys01903 | 2010-07-08 21:48 | Music | Comments(0)