ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

Paul vs John

昔、ビートルズといえば、俺の中でポール・マッカートニーだった。
好きだった曲もほとんど彼が作ったものだったし、ベースを始めたきっかけも彼のパートだったからだ。
だから、死んだ後、皆がジョン・レノンを特に贔屓にする場合が多かったので、「所詮神格化されているからだろ。」「そっちの方が“イケテル人物”に見られるからだろ。」っと逆にひねて、余計にポールの方が良いと思っていた。

でもいつの頃からだろう、声も歌詞もジョンに惹かれるようになった。
今では好きなビートルズの曲も「Cry Baby Cry」や「I'm Only Sleeping」など、どちらかというとジョンの曲の方が多くなっている。
特に最近躊躇なのが、ポール・マッカートニーの近々のライブが見れなくなってきたことだ。
TVなどで見ても、何だか昔のヒット曲オンパレードな状況がラスベガス・ショーに見えてきて“ライブの熱さ”を感じないのだ。
ポール自身も歳を取ってきているので当然、かつての勢いがあるわけでもなく、他のメンバーは逆に若いし、自分達が造り上げてきた曲ではないので、ただ観客に媚びるだけの演奏をしている様にしか見えなくなってくる。
1回目の来日はヨーロッパ旅行のお誘いをぶっ飛ばして3度も見に行ったのに、2回目の来日時に最後の曲「Hey Jude」を歌っている時、皆へ大合唱であまりの居心地の悪さに途中退出した記憶がある。
お陰で3回目は見に行く気にもなれなかった。

正直ジョンは音も外すし、リズム感もよくない。それでも“熱さ”は伝わってくるんだよね。
人を楽しませようとするエンターティナー・ポールと自分から楽しもうとするパーソナル・ジョンの違いなのかもしれない。
そしてエンターティナーさが今のところ鼻についている状況なのだろう。

ただ、生き抜いた男と逝ってしまった男を同じフィールドで比べるのはフェアなことではない。
逆の立場になっていたら、ポールは神格化され、今頃ジョンに“熱さ”はなかったかもしれないのだから。
きっとまた感じ方が変わる可能性はあるような、ないような・・・

あと1週間でJohn Lennonの30回目の命日が来る。
どうせ巷じゃウンザリするほど「Imazine」と「Happy Xmas」ばかり流れるので、好きな曲を2曲ほど




[PR]
by ys01903 | 2010-12-01 22:44 | Music | Comments(2)
Commented by ヤスダ at 2010-12-02 01:24 x
お前がジョン?めずらしい!それはもう二度と見れないからかな?そしてジョンが死んだ年齢を、俺らはとっくに過ぎている、それ今!気づいたよ!あのニュ-スは中2のころだったけどな!
Commented by ys01903 at 2010-12-07 21:42
確かに中2だった。
蹴上がりの練習して帰ったら、暗殺されてた。
ちょうど聴き出した頃だから、鮮明に憶えている。
そして明日。