ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

狸の日課3

電車を降りすると高台の目立つところに城があった。でも何故か違和感がある。
後で分かった事だが、50年ぐらい前に観光で建てられたもので、今では廃墟となっている。
駅を降りると海・山・島・寺・いにしえ・ロケ地と、あらゆるマテリアルが揃った観光地・・・なのだが、よくあるギラギラした商売っ気をあまり感じない不思議な観光地だ。
この感じは帰る夕方まで変わらなかったので、恐らくこの地の“気質”ということなのだろう。

人気No.1の店は開店45分前には50人もの人が並んでいた。
即あきらめて別な店を目指す。
「ここには人が並んでない。」昨日2番目に推薦された店は、一瞬開店しないかのように見えたが、中では動きがあるから営業するみたいだ。
一服しに離れてしばらく海を眺めて戻ってみると、そこには11人も並んでいた。
30秒に1人並んだ計算、店のカウンターは11席・・・2番手に甘んじてしまった。
見た目も頑固で、言動も頑固、店主のマインドは一体どこにあるのだろう。
そして味はいいのだが、麺にコシが無い。
賛否両論のこの店も頷ける。

汽車のガード下を潜るとそこは国宝のある寺だった。ロケのショットは記憶が曖昧でよく分からない。
寺を繋ぐ石畳の道は途中途切れたりして人を迷わす、家から出てきた左ピアスをした住人はとても親切で、行く手をスリムに修正してくれた。
階段を上がると寺で・・・降りた後、階段を上ると神社で・・・数度繰り返す。
「転校生」の入れ替わる階段がある神社は中々いい雰囲気、さくらんぼを一粒貰う。
ロープウェイは大混雑しており、いつ登れるか分からない。
階段で行くことにしたが、ロープウェイがある山を人力で行く行為は、それまで散々アップダウンを繰り返したものにとってはまるで修行の様。
乳母車を押して坂道を登るおばあさん。
この山、ここだけ岩がたくさんあるのは何故だろう?
大きな岩はポンポン音がしない。
ソフトクリームは頂上より100円高かった。
パノラマ景色は観光地でよくある光景だが、晴れ渡った運河のようなその景色は中々見ごたえがある。
疲れは人の時間も狂わす、10分の損出は3倍になって降りかかってくる。
悪態を自分自身に吐いてまた嫌な気分。

マテ貝は初体験だ。
バーベキューは狸をも狂わす。明日からはまたいつもの平穏無事な世界がきっと戻ることだろう。
[PR]
by ys01903 | 2013-05-19 10:41 | 国内 | Comments(0)