ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

スエードコートのクリーニング

日曜日にコートのクリーニングを出しに行った。
オバちゃん店員は言った。
「これは皮ですか?」
「たぶん」
「スエードですか?」
「そうだと思いますが・・・」
「ちょっと怖いんで調べますので、後日持ってきてください」

裏表紙はすべてドイツ語で書かれてある。
一昨年の6月、ドイツに行った時に季節も考えず衝動的に購入したものである。
アイロンとかの絵柄だけじゃ分からんのだろうか。

今日また持っていった。
別なオバちゃん店員だった。
「これは皮ですか?」
「たぶん」
「スエードですか?」
「そうだと思いますが・・・」
「結構高くつきますよ、専門の人が手で行うんで、見積もりだしてからじゃないと」
っと見積もりの大学ノートを見せてくれた。
「ほら¥5,000-とか、ほら¥6,000-とかもあるでしょ?他じゃ知りませんが」
・・・出すなと言いたげだったので退散した。

クリーニングしにドイツ行きたい。
[PR]
by ys01903 | 2008-02-26 22:34 | 海外 | Comments(4)
Commented by otokomae at 2008-03-04 22:29 x
クリーニング屋のおばちゃんって無知ですし、知らないと思って金とろうとします。
私も以前合皮のコートを出しましたが「これは皮ですから・・・。」はぁ~でした。やめました。
Commented by ys01903 at 2008-03-05 21:30
どちらかというとおばちゃんは受け取りたくなさそうだった。
きっと手洗いする専門家が頑固一徹な親父なのだろうと、瞬時に想像した。
Commented by otokomae at 2008-03-07 13:39 x
なるほど
そうなると客には正直なおばさんですね
Commented by ys01903 at 2008-03-08 23:20
繁盛している店だから、めんどくさかったんじゃないかな。