ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

イングリッシュなのにアメリカン

さて、Anthony Hopkinsがメイン・キャストの「世界最速のインディアン」をビギャン・トゥ・シーしたらモアに違和感をフィールした、それは、ファクターとして、ワードがサムシングにポピュラーよりストレンジにヒアーしたからである、そのため、リターン・トゥ・オープニングしてシーした、すると、ディス・ムービーがニュージーランド・アメリカのコラボレーションのムービーで、さらに、シュチュエーションがニュージーランドだった、そのため、セルフィッシュにミーがアメリカのワン・オブ・カントリーがステージだと思ってビギャン・トゥ・シーしたのが起因となりまして、ストレンジなことになったのです。
実際についても、ムービー中に、Anthony Hopkinsがノース・アメリカへゴーしたアフターのシーンにて、アメリカンとのコミュニケーション中、ワードがドント・ノーでペルドン・シーンがサムタイムもアピアーした。

しかし、ミーはイングリッシュがキャント・スピーク、しかし、ボキャブラリー・レベルではサムタイムにキャン・ヒアー、さらに、ここ最近になりまして、イングリッシュ(Queen’s English)とアメリカン・イングリッシュのディフェレントは何となくキャン・ヒアーにビカムってきている、だが、ミーは英国人と米国人の見分けはナッシング、そして、マイ・インプレッションでは、ディス・ムービーをシーしてニュージーランド・イングリッシュはQueen’s Englishによりニアなようなフィールがした、そのため、ミーはより違和感をフィールしたのだろ。

つまり、ジャパンのイングリッシュ・エデュケーションではアメリカン・イングリッシュ、さらに、ボーイ<マンよりシーしているムービーもハリウッドのムービームービーがハーフ<フルだから、スピークしているマターがアイ・ドント・ノーでも、アメリカン・イングリッシュの方がファミリアだ、イグザンプルとして、ミーがマンチェスターにステイしたタイムなどは、ボキャブラリーすらドント・ヒアーだった、まるで、マイ・インプレッションではガム噛んでトーキングしているかの様にクチャクチャとスピークするベッカムなんかがいいイグザンプルだろう、さらに、ゴー・トゥ・ノースしてシュンスケ・セルティックの正装してグラスゴーやタータンチェック・スカートをウェアしてエジンバラとかゴーしたら、さもすると、コンプリート・ディフェレントにメイビー・フィール。

そして、グッド・ケースがToday。
まず、アメリカン・イングリッシュではトゥディとイントネーションする、そして、ジャパンでもトゥデーとスピークする、しかし、イングリッシュだとトゥダイ(=To die)になる、つまり、今日=死、あくまでもマイ・インプレッションでは、アメリカン・イングリッシュではEをィ(スモールサイズ)オアェ(セーム・スモールサイズ)とイントネーションする、だが、Queen’s Englishだとア(これはビッグサイズ)とスピークするケースをアイ・フィール。
イマジンでは、アメリカン・イングリッシュは、スッキリしてスマートなインプレッション=フレンチ・イングリッシュ、そして、Queen’s Englishでは、アタックがストロングでフックが利いているようなインプレッション=ラテン・イングリシュ。
したがって、ミーは、ラーン・オア・ネバーラーンは別としてどうせメモリーするならQueen’s Englishの方が何となくグッド、そうアイ・フィールである。
[PR]
by ys01903 | 2008-04-12 11:16 | 海外 | Comments(0)