ブログトップ

あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp

Music,Movie&Football・・・Have Fan!

The End その後

The Endだから、前回で全て終了していたはずだった。
言いたいことは出し尽くしたので、もう来シーズンに備えるつもりだった。
しかし・・・。
怒りはまるで感じない、あまりにも悲しすぎる、切なすぎる。

よりによってバルサがサンチャゴ・ベルナベウにて拍手でマドリーの優勝を祝う屈辱的なオープニングセレモニー(バシージョというらしい)をしっかりこの眼で焼き付けてこの気分を終了するつもりであった。
e0054427_2393421.jpg

屈辱はこんなものではなかった。
e0054427_23224575.jpg

はっきり言えば点数では語れないほどの痛烈な差を見せられた。

このW屈辱は2003年1月18日の10人バレンシアにカーサ(ホーム)で負けた時と同じ、最高の2年を通過したクラシコでの出来事と考えるとそれ以上だと言える、「怒り」を通り越して「悲しい」と感じるぐらいなのだから。

顔でボールを受けるプジョールは度々見たが、顔を手で覆いボールを防ぐプジョールのハンドなど見た憶えが無い。
e0054427_2324271.jpg

思えば2年以上前のあの「ロナウジーニョ・ショー」以来ヤツらに勝っていない。
思えば勝とうが負けようが、クラシコで気迫あるプレーを見せるバルサはルイス・エンリケが引退して以来見ていない。

来シーズン本当にグラウディオラが監督になるのだろうか?
既成事実として取り上げられている。
日本の有名サイトではほぼ全員が反対している。
バルサ地元紙のアンケートでもモウリーニョの40%に対し、10%の支持しか得ていない。
俺も反対だ。
当たり前だ、グラウディオラはバルサの元象徴、アイドルである。
彼にマイナスから指導する様なバルサで産まれて初めての監督をやらせるのは酷である、大事に育てなきゃいけない人物を潰しかねない。
監督経験の無い人がいきなりメジャーチームの監督になる例などイタリアでもドイツでもイングランドでも俺は知らない、しかもゼロから始めるチームではなくマイナスから・・・。
たとえグラウディオラが監督になり、1年で結果が出なかった(CL出られない)としたら、皆が待てるのだろうか?

正直、俺自身も含めて、甚だ疑問だ。
[PR]
by ys01903 | 2008-05-08 23:55 | Futbol | Comments(2)
Commented by otokomae at 2008-05-19 12:56 x
バルサは常に勝っていてほしい。
Commented by ys01903 at 2008-05-20 00:14
暗黒時代の’02-’03シーズンの6位に比べれば贅沢な話ではあるのだけれど、あれほどいいプレーを見せられていたことを考えると・・・
この後に復活して何度も優勝すると反動で余計感動するのだけれど。