あの日の午後、忘れない

blaugrana.exblog.jp
ブログトップ
新年明けて一か月弱、先週・先々週とライブ三昧となった。
James bandとHarryバースディライブと穴井バースディライブ。


先々週は『James Bandと天月のジョイントライブ。』

James Bandが目当てだが、天月のメンバーを見ると興味深かったので馳せ参じる。
会場とともに店に入ると、グッズやCD、チケット売りを自身で行うため、入口でJames本人が立って待機している——結局開演までそこに1時間余り立ちっぱなし。
スライダーズのイメージを覆すのはある意味Rockで、親しみも持てる。
最近Jamesは大好きだ。

最初は天月。
子供バンドの湯川トーベンが在籍しており、ギターもドラムも還暦を超えた百戦錬磨のトリオバンド。
今まで子供バンドはライブ行ったことはないが、デビュー時4人のオリジナルメンバーは別々のライブですべてコンプリートするという異色な状況となった。
曲調はトリオのせいか、リズミックを抑えたBB&Aというか、湿り気のあるGFRというか、テクニックに裏打ちされたフロント2人が歌う正統派のハードロックという感じ。
ズズが「外人みたい。」といったらしく、これからバンド名を「外人」にするなどと冗談交じりのMC。

e0054427_20534946.jpg


続いてJames Band。
ライブは2回目。
前回MCも含めてとても幸せな気分に浸れたので、期待したが、前回が楽しすぎたかな??
それでも鉄壁のリズム隊に顔と体の感情表現がとても大きいギターのJimmyはスライドギターがとてもCool。
間近に迫ったHarryのバースディライブやそのあとのツアーもこの3人がセットになっているので、「切り替えが難しい。」とMC談。
スライダーズ時代のイメージとは全く違うJamesやズズの人柄(知ってるわけじゃない。)、Jimmyのパフォーマンスアクションなどを生で感じてると好きになってく状況ではある。

e0054427_20535362.jpg



『Harry 村越弘明 Birthday Live』

2週連続でJames Bandのメンバーを体験することに。
チケットはあっという間にSold Out、会場の入りも相当なもの。
ゲストは一切なしで、通常のライブに観客のBirthday愛が詰まっている感じ。

知ってる曲は半分弱程度だが、安定した演奏のヨコノリのビートは知っていようが、いまいが体を揺らす。
俯瞰できる位置で見たため、実はHarryのギターは予想以上に印象的で、そのリフは曲の重要ポイントなのを初めて知った次第。
蘭丸の自由で効果的な演奏も曲形成に重要だが、曲の根幹はHarryが爪弾いていたことを実感。
ツアーに向けてなのか、原曲キーを下げているのはちょっとだけ違和感。

最近の印象変化から、ついJimmyを応援したくなる。
蘭丸不在の重責を担っているのは間違いないので、プレッシャーは相当なものだろう。
いつも(2回のみだが)に比べてアクションは抑え気味。固い印象は受けたが、スライドの雰囲気は健在。
MCを一切しない印象だし、その通りだろうが、観客からの声に何回もレスポンスで答えるのは恐らく昔と違うのではないだろうか?
予定外のケーキとロウソク消しに照れながら答えていたのは良かった。
ただ、せっかくJamesのBirthday Liveが2か月後にあるのだから、それぐらいは告知してあげてもよかったのでは?っと最近見方が変わってきた自分がいるのが不思議。


『MAXIMUM DOWN PICKER“穴井仁吉”12×5 Years Old Birthday』

Harryに続く、2日連続のライブ観戦で場所も遠い下北沢での長丁場が予想され、体力が持つか正直不安を感じていた。
実は前日1月26日はHarryと穴井の還暦誕生日、ついでに山下久美子も同年同月同日とのこと。
穴井によるとHarryとは昔福生で会った時にそのことを知ったらしく、握手はしたらしいが、やはりHarry——あまりテンションは高くなかったとのこと。
武道館のスライダーズライブに鮎川と二人で見に行ったというのも面白い。

オープニングは宙也・幸也・Kyoyaの“ヤ”3人にヒデタカ+本人という本日結成・離散の即席バンド。
StoogesやDoorsなどの納得のカバー選曲で30分。
場の盛り上げ方はさすがにベテラン。

続いてDip、正直なところ聴いたことがない。
英詩でシューケイザーぽい感じ。
スケールの大きな曲は悪くないのだが、居た場所がスピーカー近くで、あえて不協和音でハウリングも発生させているので鼓膜が拒否反応を起こす、曲ではなく身体的に厳しかった。
途中穴井もセッション。

後方に下がって三つめはお目当てのRoosterz。
4人+1の構成は自分にとっては3年ぶり。
ピンポイントで数年に1回しか活動しないのに、このバンドアンサンブルは素晴らしいの一言に尽きる。
新曲なども作って、ホントに本格的に復活してほしいバンド。
途中ビッグサプライズで池畑が2曲参加。
下山と穴井の愛ある漫談は楽し。

トリを務めるのはかつて在籍したSeena&The Rokkets
もうほとんど鮎川ワールド。
途中二人の愛娘Lucyが加わり、ドラムも川島⇒東川に変更。
よく知られた曲を中心に演奏。
3Kings見に行ったときは思わなかったのだが、ディストーションを効かせた鮎川のレスポールカスタムは素晴らしい音がしていた。

最後は鮎川音頭による出演者総出の「Satisfaction」。
サプライズの奈良も加わり、ギターソロ乱舞、途中池畑・灘友(急遽)・三原などドラムチェンジの大セッション。

この系統のバースディライブでは予想通りとはいえ、終わってみれば22時半近く、4時間を超える穴井大祝福会となった。
横聞きすると昨日は23時近くまでやったらしい。
足は昨日のHarry疲労も蓄積してボロボロ。
練習含まず合計9時間、穴井自身は何曲演奏したのだろう、とんでもない体力だ。
そして連日参戦の人もたくさんいただろう、見る側の体力もすんごい。
愛ある参加メンバーと観客に祝福され、60歳までミュージシャンを続けられて良かったと本人もしゃべっていたが、嘘偽りは全くないだろうし、それが穴井の人徳を示しているのではないか。(ちょっと偉そうで申し訳ない。)

ただ2つだけ難点を。
セッティングの時間がそれぞれ15分以上かかっていたので立ち見には厳しかったのと、その間のDJの音が大きすぎて耳も余計に疲れた。

昨年今年来年と好きなミュージシャンの還暦が続くが、もうそういう時期なのだな〜と実感。
でもみんな元気だ。

# by ys01903 | 2019-01-28 20:47 | Music | Comments(0)

この頃思うこと

ルアンパバーンにでも影響されたのだろうか?
青臭いし、矛盾も多く含む考えではあるのだが、最近思っていることがある。

規則・ルール・コンプライアンス・常識に縛られて、カリカリして生き辛くなっていないか?

人が生活しやすくするため・快適に暮らすため、あらゆるルールが存在しているし、産まれてきている。
マスコミ、情報、スマホ、喫煙、学校・会社、性別、そして社会全体のルール。
ほとんどのルールが正論であり、人に迷惑をかけないための公正なルールだと思う。
逆に息苦しくなって行ってないだろうか?

例えば電車。
混雑時の位置取り、電車内スマホ、通勤ラッシュに赤子やマタニティマーク、階段での歩きスマホ、歩行スピードの違う旅行者。
例えば飲食店。
長蛇の列、オーダーを取りに来ない、料理が出てこない、後客に先を越される。
例えばタバコ。
喫煙者なのでその観点から言うと、場所がない・見つからない、嫌な顔される、禁煙ファシズム。
些細なことでイライラしている自分がここそこにいる。

正論という名の主張がルールや人としての常識を増やしていく。
そのたびに快適になっていくはずなのに、ルールとルールの間の狭いところをヒリヒリと生きていかなければならないことになっていないだろうか。
人としての可能性の限界を縮めていないだろうか?
最大公倍数のモラルと最小公約数のルール・規則・コンプライアンス・常識で生きた方が何となく種である人間としてバランスよく楽な気がする。
人種として単体で受け入れられる寛容さ・許容範囲がすでに限界にきている気がする。
人としての可能性の限界と、反する人種としての許容の限界?
自分で言っていても矛盾があるし、欲というフィルターが含まれていず整理がついていないのだが、頭の中でモヤモヤしている。


# by ys01903 | 2018-12-19 19:09 | Comments(0)
今年4月に行ったときに、長い間、余韻が覚めなかった。
町が世界遺産とはいえ、川と寺と滝ぐらいしかなく、他に行った海外と比べても大した観光名所があるわけではないのに後ろ髪を引かれる思いだった。

なぜなのかずっと考えていた・・・

海外へ行ってどこでも感じるのは開放感。
新鮮な刺激や空気感、周りで話される言語、交通機関や食事のルールなどの微妙な違いへの戸惑いとギャップを楽しむ。
体中がひとつの幕に包まれている様な浮遊感を感じる。
日本にいると気になる些細なことが気にならなくなる。
でもそれはいつもどの海外でも大体感じること、ルアンパバーンが特別なことではない。

ルアンパバーンを気に入った理由。
一言でいうと、「自分がのんびりして寛容になる。」
いつもの自分じゃなくなる、または素の自分になる。

ルールが少なく、流れる時間が全く違う。
こうすべき・あれはすべきじゃない・そんなのは当然だ、などが他の海外と比べてもほとんどない。
日本にありがちな細かい余計なルールや規則、コンプライアンスがほとんどない。
ただ、ルールは少ないが、人間として生きる上での絶対的なモラルは持ち合わせている。
信仰心が強いからなのか、真面目で争いごとを好まず、(知る限り)嘘をつかない、キレイ好きで控えめな国民性、治安もいい、でもアバウトでのんびりしている。
人間として最低限必要なモラルはより強い。
e0054427_22485194.jpg
e0054427_22485292.jpg


その雰囲気に身を委ねられるからだろう。
のんびりし、寛容になる。
「きれいな海とかある海外リゾートに行けば同じじゃないか。」っというのは自分の感覚から言えば全く違う。
「自分が!」という自己主張も少ない代わりに、客だろうが他人に対しても余計な気を使わない。
うまく表現できないが、個人的には作られた場所で過剰なサービスを受けると逆に居心地が悪くなる。
用事を頼まれるために1日中突っ立っている従業員がそばにいるより、ホテルのフロントでオーナーが客の存在も気にせず平気で自分の子供をあやしてる方が心地よい。
露店でにこやかにあれこれ話しかけてくるより、客とも思ってない素知らぬ顔でぶっきらぼうな対応してくれた方が心地よい。
キレイなビーチやプールサイドでスタッフが入れてくれたお代わりを狙っているカクテルを飲むより、商店で自分が買った缶ビールを階段で飲んで川を眺めていた方が心地よい。
お互い迷惑をかけない範囲で勝手にしてくれ感が強い方が居心地いい。

それが平和に望める場所・日頃規則で縛られ縛っている自分を寛容にさせてくれる場所——ルアンパバーン。
経験していないが、昭和感漂う「三丁目の夕日」みたいな場所。
外資が入れば今後どうなるか分からない、失われない今のうちにもっと行くべき場所かな。
e0054427_22485013.jpg


# by ys01903 | 2018-12-17 22:41 | 海外 | Comments(0)

3KINGS LIVE

本年最後のライブを飾るのは、友部正人・鮎川誠・三宅伸治の3人による3Kings。
何の予備知識もなく行ったので、ギターのみの編成だったのは行って知った。

正直感想はあまりない。
友部のブルースハープは良かったが、個人的な好みでフォーク風の曲にはほぼ興味が湧かない。
鮎川・三宅系のブルース・ブギに心が動く。
e0054427_11331729.jpg

今年は本当にライブを見によく行ったと思う。
そして来年も1月早々に3つのライブに行く予定になっている。

最近自分でも驚くぐらいBASS(Guitarには触れず。)を自宅で弾いている。
なぜかJamesの右手の動きに感化された。


# by ys01903 | 2018-12-09 11:33 | Music | Comments(0)

スライダーズのリズム隊

一昨日はシルバーバックでスライダーズのリズム隊ジェームスとズズによるジョイントライブ。
それぞれが参加してるバンド、ウォッカと路傍の石と言うことで、共演でなくジョイント、ある意味レアなライブ。

早めに行って地下店の上の通りでやっていたビアガーデンイベントで美味しい牛煮込みなど。
風と寒さを感じて別なとこで凌いでハコヘ。

最初はズズ要する路傍の石。
演奏は土台がズズで他も上手いのでしっかりしているのだが、曲は少しサエないスライダーズのようであまり好みでない。
歌声もイマイチかな?
しかしどういう経緯でズズが参加したのだろう。
e0054427_18430064.jpeg

続いてニューアルバムが間近なJAMES擁するウォッカ。
以前違うコヤで見たことはあるのだが、何故見たのか覚えていない。
ノリはシンプルなR&R。
地元らしく、客のノリも良く、最後にはレストランで全員立ち。
JAMESもベースに専念するとめちゃくちゃ安定して素晴らしい音を爪弾く。MC大好きなのでそれが少ないのは寂しいが…
e0054427_19005426.jpeg
次はまたリズム隊が集結したJAMES BAND見たいな。



# by ys01903 | 2018-10-28 15:33 | Music | Comments(0)

久しぶりのJリーグ

最近はチケットが取れなくなって来たらしい等々力スタジアムで、さらにチケットが取れない神戸戦を観戦。
Jリーグは10年以上ぶり。
少し早めに駅に着いて、一杯ひっかけて歩き出すと、黒い雲が目の前に。
傘が必要かと店に寄って買ってから歩き出して少しすると、ドシャ降り…
スタジアムに着く頃には靴の中含めて膝下全てがズブ濡れ。

試合はかなり激しい展開だった。
目当てのイニエスタはフル出場したし、5ー3とサッカーでは珍しく8点も。
川崎のコンビネーションが光る試合だった。
e0054427_15283812.jpeg
試合中ジャンバーを着て挑んだのに寒すぎて、
考えるのは試合後の熱いラーメンばかり。

武蔵小杉駅で美味そうなラーメン屋で列待ち、店は15人ぐらい入りそうだから、10人待ちでも寒さに耐えられるだろう。
…外で30分、中で20分、食べ終わるまで10分。
回転率悪い店だな!
ラーメン後は頭の中が風呂ばかり。

# by ys01903 | 2018-10-21 15:20 | Futbol | Comments(0)

鋸山

6年ぶりに何となく鋸山へ。
階段の上下69階分。
大仏に着くと急に雲が晴れる。
さすけ食堂で昼の最終客として、全く臭みのない美味しいアジフライを食べる。

久里浜-金谷のフェリー乗船はとても気持ちいい。


e0054427_00104329.jpg

# by ys01903 | 2018-10-17 00:15 | 国内 | Comments(0)

大江慎也 還暦ライブ

ライブマンスリーのトリを飾るのは、大江慎也の還暦を祝うライブ「60 Years Old Thanks Live Shinya Oe Place Of Love 〜応援ありがとう〜」
しかし、9月30日、台風で首都圏JRの各線が20時で止まる。
ライブは19時から決行。
どうするか迷った。
結局1人は断念し、残りの2人は新宿プリンスに泊りがけで行くことになった。

チケットはSold Out、台風の影響で少ないかと思ったが、肝が据わった観客でほぼ満員。
そうだよね、5年ぶりのライブだから、そこは見に行かなきゃならない人ばかりだよね。

いつものスマイリー原島司会で今回はゲストなしの3部構成。
第一部は若手(?)に穴井を含めた、大江ソロ時代の曲構成。
前のライブで歌詞の意味をようやく知った「Get Happy」にちょっとウルウル。
第二部は中期ルースターズ(大江後期)の曲構成。
なぜか「Venus」でちょっとウルウル、どうしてそういう気分になったか理由はよくわからない。
第三部は代表曲のオンパレード。
穴井⇒井上にBASSがチェンジ。
「ニュールンベルグでささやいて」「CMC」など当初池畑不在の不安があったが、KAZIのドラムは全く問題なくタイトなビートを刻む。

アンコール2回の計2時間半。
台風の影響かバースディ系のライブにしては少し短かったが、大江はギター片手に出ずっぱり、歌いっぱなしなのを考えたら、十分濃い内容だった。
声もメロディは安定しないが、復活後あった口に含んだ少しくぐもった歌い方をやめていたので、近年では一番良かったし、ゲストが一切なしというシャープな構成、バックの素晴らしい演奏も含めて、見る側もかなり熱くなるステージだった。
(5年前みたいにもうならないでね。)
e0054427_20152198.jpg


終了後・・・
生暖かく、風は吹いているが雨は降っていない歌舞伎町。
閑散としたレアな街並み、居るのはここ付近で泊まると思われる外国人ばかり。
遅めの食事と称してHUBへの階段を下りた。
# by ys01903 | 2018-10-01 20:09 | Music | Comments(0)

BAND HANADA LIVE

ライブマンスリー第2弾はいつもの場所でいつものBAND HANADA。
っと入っても最近ご無沙汰していたので、今年初かな?

見た目の変わった点と言ったら、ツルのギターがグレッチということだけ。
まだ音が若く硬い感じだが、アタックや音のハリは良さそうなギター。

カバー「After Midnight」から始まって、以降はいつもの進行。
開演時は客も若干少なめで、第一部は花田がルーズな演奏というより、やる気がない印象を受ける。
こちらも何となく「ボワッ」とみていた。
第二部で少し盛り返した感じか、調子が上がったように見受けられた。

今回は新曲(といっても去年だが)の歌詞に注目して聴いてみた。
ちょっとフォークに影響を受けた感じだが、「ガラガラゴロゴロ」とか、全体的に花田の現在の心境が表現されていて悪くない。

今年最後と言っていたが、ここでのなのか、バンドそのものなのかよく分からず。
e0054427_12244919.jpg

# by ys01903 | 2018-09-22 12:24 | Music | Comments(0)
今月はライブマンスリー、3公演行くことになる。
その先陣を切るのが「山下達郎」
好きな曲は数曲あれど、自分の好みからは少しズレるので、どこからか耳にすることはあっても、今までじっくり聴いたことはない。

ここ数年は長い間現役で活躍しているアーティストに興味があって、嗜好から少し外れるケースでも興味があるとたまにライブに行く。
山下達郎は去年フッと何となく抽選申し込みをしたらすべてハズレて、ムキになって今年も試しに申し込んでみたら、1公演当たった。

入場の際にチケット転売対策として身分証明書の提示を求められる、そういうアーティストを見に行く機会がなかった初めての出来事。
客層は少し年齢高めだが、沢田研二ほどではなくバラツキがある。
セットがあり、摩天楼近くの工場で小ライブを行っているような雰囲気を演出していたが、質のいいドリフターズの全員集合のセットに見えて、少し笑ってしまう。(後半に全く勘違いだったことが判明)

結構マニアックなライブをやるのかな?っと思っていたら、1曲目は題名は知らずとも耳が覚えてる曲。
少しボーカルにエコーが掛かりすぎなきらいはあるが、全体の楽器バランスと音の響きは良い。
武道館など1万人以上収容できる音の悪い大きな会場ではやらないこだわりが彼にはあるらしいので、当然と言えば当然なのか。
そして会場内の時計まで消す徹底ぶり。
序盤は16ビートの同テンポの曲が続き、少し睡魔に襲われるが、MCは興味を惹かれるし、Sugarbabeの曲や夏には季節外れな超有名曲なども披露し、意外と万人受けするライブだったのは初心者としてはありがたかった。
アカペラ数曲や名曲カバーなどバラエティに富み始めた後半、何かの曲になった瞬間急に観客が立ち始め、どこかのフレーズで一斉に客がクラッカーを鳴らしたのは驚いた。
でも、一番驚いたのは「昨年もやってウケたので。」と言って始めた近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」。
昔「いい曲だな~」と思ってカラオケで歌ったことがあり、そこで作曲が山下達郎なのは知っていた。
こういう楽しい洒落をライブで持ってこれる余裕は素晴らしい!
観客側からはどこら辺がそうなのか理由は全く分からないが、「今日は良い観客で飛ばしてしまった。」とのことで、「ライド・オン・タイム」(これもやるのね。)では高音域で声がガラガラ、見ているこっちが苦しくなる状態。
凄いのはその後、次の曲アン・ルイスの「恋のブギウギトレイン」でどうやったのかちようせいしなおして再び「ライド・オン・タイム」!そして声も復活、プロ根性が垣間見えて、これだけで見に来た意味がある。

気が付くと3時間半、65歳で歌いっぱなし弾きっぱなしは凄いことだと思う。
見に来た客に真摯に全力で取り組む姿勢には敬服してしまう。
絶対にこういうのが長年続けてこられる理由だ。
沢田研二にしても、エルトン・ジョンにしても、AC/DCにしても、泉谷しげるにしても、金子マリにしても、場や体制は違えど長年プロとして現役で続けられる人は、受け手側が感じられる何かをライブで提示してくれるのを実感する。

次はどの辺のアーティストが琴線に触れるのか、自分でも楽しみ。
# by ys01903 | 2018-09-04 23:58 | Music | Comments(0)

Music,Movie&Football・・・Have Fan!


by ys01903